フラダンスって?

みなさんはフラダンスと聞いて、何をイメージしますか?ハイビスカスのレイにふわふわの可愛いスカート…それに多くの人がハワイを思い浮かべるのではないでしょうか。フラダンスは誰でも楽しめるハワイの伝統的な民族舞踊なんですよ♪

フラダンスって、どんな踊り?

あののんびりとした優雅な手の動き、しなやかさの中にも軽快さが光る腰の動きやステップ…。フラダンスには、なぜか見ている人を引きつける不思議な魅力があります。

フラダンスの「フラ」はハワイ語で「踊り」という意味をさします。なので、私も含め多くの人が「フラダンス」と言っていると思いますが、それだと「踊りの踊り」といった感じになってしまいますね(笑)。というわけで、本当は「フラ」が正しい言い方です。けれど、これからこのサイト内では聞き慣れている「フラダンス」のほうを使っていきたいと思います。

この踊りは古くからハワイに伝統舞踊として伝わってきたといわれています。もともとはハワイの人たちが文字を持っていなかった時代に、神様への祈りの表現としてできたものなのです。同時にフラダンスは、その時々の出来事を未来に残していくという大切な役割を持っています。人に気持ちを伝えたいという心がフラダンスにはあふれています♪

フラダンスって手話なの?

両手の手のひらを開いた状態で下に向けて、2〜3回上下する。これは手話で雨をあらわしています。手話は耳の不自由な人たちが使うコミュニケーション手段の一つです。彼らにとっての言葉といえるでしょう。フラダンスも手話の要素がたくさん盛り込まれているんですよ。たとえば、よくフラダンスのマネをするときに体の前で手をくねくねさせますよね。あのしぐさは波をあらわしています。こんなふうに一つ一つの動作にはちゃんと意味があるので、動作や流れてくる歌の歌詞の意味などをよく理解しながら踊ることが大切になってきます。

▲ Page Top

ハワイの人はみんなフラダンスができる?

本場ハワイでもフラダンスは子供から大人まで老若男女問わず、いろんな人に親しまれています。小さいころからフラダンスを習う子供も数多くいます。そのときはダンスだけでなく、フラの精神や歴史、ハワイの文化なども教えられるんですよ。また、日本ではフラダンス=女性というイメージが強いかもしれませんが、もとをたどれば男性の踊りだったのです!ハワイで行われるショーなどでは、男性のパワフルな踊りも見どころの一つですよ。ゆったりとした女性のフラダンスもいいですが、本場のものに触れる機会があれば、男性の勇壮な踊りにも注目してくださいね。

ハワイアンネームって?

私たちはそれぞれ自分の名前を持っていますね。名前には親やかかわりのあるまわりの人たちみんなの想いが込められています。ハワイアン・ネームというのは現地の人々が生まれたときに付けられる名前です。フラダンスを習っていると独特のやさしい響きをもつハワイアン・ネームにあこがれる人は多いでしょう。日本では、ふつう何年か習って一段落したときやインストラクターなどになるときにハワイアン・ネームをもらえることが多いですね。ただ時期は教室によってバラバラなので、そこは先生に確認してくださいね。ここでハワイアン・ネームのつけ方を紹介したいと思います!

印象的な出来事から

子供が生まれた日のなにか印象的な出来事にまつわる名前をつけます。たとえば、それがきれいな満月の夜だったなら「マヘアラニ」などと名づけます。

*天の声

天の声は要するになにかビビビ〜っとくる、あの感覚です。インスピレーションで名づけます。

大切な人を忘れないため

おじいちゃん、おばあちゃん、親戚などの名前をもらう場合もあります。人と人とのつながりを大事にするハワイの人の気質がよくわかりますね。

▲ Page Top