ハワイのフラダンス・イベント

世界でも有名なハワイのフラダンス・イベントといえばメリー・モナーク・フェスティバルですよね。毎年ハワイ全土はもちろん、海外からも数多くのダンサーが集まり、観客とともに熱い1週間を過ごします!ほかにも、ハワイではそれぞれの島でさまざまなフラダンス・イベントが行われています。

メリー・モナーク・フェスティバルって?

メリー・モナーク・フェスティバル…フラダンスに興味がある人は一度観てみたいと思うにちがいありません。世界的にも有名なこのメリー・モナーク・フェスティバルはハワイで一番大きくて、しかも伝統的なフラダンスのイベントです。ハワイ島で1週間行われ、後半の3日間で競技会が開かれます。それぞれミス・アロハ・フラとカヒコ(古典フラ)、アウアナ(現代フラ)優秀チームが選ばれます。そのフラダンス競技会のほかには、パレードやハワイアン・クラフト展、コンサートなどの様々な催し物が行われていて、たくさんの人でにぎわいます♪

▲ Page Top

メリー・モナーク・フェスティバルの歴史

メリー・モナーク・フェスティバルは1963年に始まりました。始まった当初はハワイの人々の伝統文化を大切に次の世代へと受け継いでいくために行われる「お祭り」のようなものでした。現在のように競技会形式でフラダンスを披露するようになったのは1971年、第8回目からなんですよ。このときから、表情、表現力、衣装、ハワイ語の発音などの審査項目をもうけて点数が競われるようになったのです。この大会での受賞は、フラ教室そのものにとってもダンサーたちにとっても大変うれしく、名誉なことです。

現在のメリー・モナーク・フェスティバルは、「ミス・アロハ」、「ワヒネ(女性)」、「カネ(男性)」と3つの部門に分けられています。競技会形式になったばかりのときは、参加するフラダンス教室はわずか8つしかなく、 「ミス・アロハ」と「ワヒネ(女性)」部門だけという少し寂しいものでした。それから5年後の1976年に「カネ(男性)」部門が新たに加わり、大きなフラダンス大会へとなっていきました。それまでは小さな会場でやっていたのですが、大会の規模も大きくなってきたので1978年にはもっと多くの人に見てもらおうと、今のエディス・カナカオレ・テニス・スタジアムに会場が変更されました。

▲ Page Top

ハワイで行われるその他のフラダンス・イベント

メリー・モナーク・フェスティバル以外にもハワイではいろんなフラダンス・イベントがあります。全部は紹介しきれないので、ここでは主なイベント情報を載せますね♪

セレブレーション・オブ・ジ・アーツ

これはハワイ文化フェスティバルです。マウイ島で4日間にわたり行われて、ハワイの歴史と文化を学ぶことができます。開催期間中はフラダンス、レイの作り方教室、カパとよばれる伝統生地の工房、民族料理、ハワイアン・ミュージックなどのワークショップが数多く並んでいます。フェスティバル最終日には、マウイ島に住んでいる人たちが踊るフラダンスを観ながらハワイ料理を楽しみます!

プリンス・ロット・フラ・フェスティバル

カラカウア王が登場する前にフラダンス復活のきっかけをつくったロット・カメハメハをたたえるフェスティバルです。競技会形式でないものとしては、一番古いイベントになりますね。ハワイアン・キルトの展示会やバンド演奏があったり、ロミロミマッサージも体験できます!もちろん、伝統料理も味わえますよ♪

カウアイ・モキハナ・フェスティバル

ハワイの文化を紹介するイベントで、カウアイ島の植物の名前が付けられています。フラダンスの発表が行われ、多くのワークショップも並びます。昔は作曲家コンテストなどの催しでしたが今では1週間開催される、この島最大のイベントとなっています。ハワイでは9月中旬に行われますが、3月には日本でも開かれています。

▲ Page Top